2010年11月10日

トリトンの一日 4

toriton 14.jpgずいぶん横道にそれちゃいました。私一人で回想にふけってちゃいけませんね。
当時のことは、またいずれ書かせていただくことにして、時間を今に戻さないと
「いつになったら散歩に出かけるんだよ」
というトリトンの声が聞えてきそうです。
トリトンにハーネスを装着し、私も靴を履いて外に出ます。
朝晩はかなり冷え込んできました。でも、この時間帯の空気が最も澄んでいて気持がいいんですよね。
「さて、今日はどのコースを歩こうか」
トリトンと一緒に歩き始めてからたくさんの道を覚えました。不思議ですよね。見えている頃よりも道に詳しくなるなんて。
ユーザーは、これから行く場所までの地図を頭の中に描き、その都度アイメイトに指示を出しながら、二人で力を合わせて目的地を目指します。これがアイメイト歩行の基本となります。
目的地までの道中、何事もなくスムーズにいくとは限りません。
ユーザーが指示を間違えたり、アイメイトが指示に従わなかったり、時と場合によって様々です。
私も道に迷うことがよくあります。そんな時は少し焦りますが、人に道を聞いたり、二人で苦労して自分で確認できる場所に出た時は、もう最高の喜びです。
トリトンが横にいつもいてくれるので、とにかく心細くないんですよ。
私達は話をしながら歩きます。
その合間に指示を出したり、叱ったり、賞めたり、叱ったり、賞めたり、賞めたり…
だから、家を出て家に帰るまで、ずーっと言葉をかけっぱなしといっても過言ではありません。
新しい道を覚える時は、はじめのうち私の奥さんに後ろからついてきてもらって、周囲の状況や曲がり角、点在しているお店などを教えてもらいます。
私の少ない頭の中に大体の情報が入れば、次からはトリトンと二人だけで歩いてみます。
はじめは、お互いにぎこちない新しいコースも、数回繰り返すことで、それは馴染みのコースへと変化していくのです。
この日は、霞川という川沿いを歩く自然豊かなコースを選ぶことにしました。
「行ってきまーす!」
                              つづく
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月09日

トリトンの一日 3

前回もお話ししましたが、私は自宅で仕事をしているので通勤という形でアイメイトと歩くことはありません。
用事があって出かける以外は散歩という名目で、毎日約1時間から1時間半、距離にして4q〜6qを楽しく歩き回っています。
トリトンを迎えるまでは駅まで行くのがやっとで、しかも、白杖を使っての歩行は緊張の連続で精神的な疲労が大きく、何よりもえらく時間がかかったことを鮮明に覚えています。
家で仕事をする前は電車を乗り継いで通勤していたので、行き帰りの疲労が仕事のそれを上回り、帰宅後は口をきくのも億劫という日々の連続でした。
盲導犬のことは以前から興味はありましたが、約1ヶ月間の泊まり込みの訓練があると聞いていましたし、そんな長い期間仕事を休むことも事実上叶わなかったので諦めていたのです。
その後、私の下手くそな白杖歩行による肉体的、精神的疲労はピークを迎え、慣れ親しんだ職場との別れを決意する大きな理由に発展していきました。
そして、家族の大きな助けを借りて現在の自宅開業を手に入れ、通勤地獄から解放されるに至ったのです。
しかし、本当に人間って勝手なものです。いや、私に限ったことかもしれませんが、通勤から解放されると今度は用事もないのに外に出る必要がなくなり、行動も性格も内にこもるようになってしまったのです。
外出したいと思っても、家族の都合などを配慮しながらですから、行きたい時に人の手を借りずに出かけることは難しい問題でした。
今のままではいけない。なんとかしなければ…
「そうだ、盲導犬だ!」
お客さんにちゃんと説明すればわかってもらえる。自分の店なので1ヶ月間の休みもなんとかなる。
思い立ったらじっとしていられず、自分なりに盲導犬に関することを調べ、その結果、アイメイト協会にたどり着いたのです。
はじめて協会を訪ねた時のことは今でも忘れることはできません。
とても寒い火曜日の午後でした。雪もちらついていたほどです。でも、私の心は温かさで満たされていました。
歩行指導部長のNさんと面談し、そのあと協会内を案内してもらいました。
驚いたことに犬舎には60頭もの犬がいるにも関わらず、しーんとしているではありませんか。それだけたくさんの犬がいるのに特有の臭いも感じません。
それは、協会のドアを開けた時から感じていたことで、別の建物に犬舎があるのだろうと思っていた私はかなり面食らったものです。
そして待ちに待った体験歩行です。
白杖を持たずにスピードを出して歩ける、こんな夢のような現実を信じられず、自宅までの帰路は、放心状態におちいり、電車を乗り過ごしたほどです。
                              つづく
toriton 12.jpgtoriton 13.jpg
上の写真は、2009年6月、三男夫婦の娘のお宮参りの際に撮影されたもので、私達夫婦とトリトン、三男夫婦と娘です。
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月08日

トリトンの一日 2

toriton 11.JPG今の季節は、6時頃起きて一日をスタートさせます。たまに寝坊しちゃいますけど…
起きてまず最初は「おはよう!」の挨拶です。
続いて、トリトンの耳の内側を握るようにもって簡単な検温をします。朝起きてすぐに診ることが大切で、いつもよりも熱く感じたなら、その日の体調を注意深く観察する必要があります。
基本的に犬の体温は人よりも2℃から3℃高いと言われており、それを踏まえてトリトンの平熱を感じ取ります。
次は、トリトンの”ワンツー”です。
トリトンにリードをつけて、家のリビングの掃き出し窓をあけて外に出ます。
雨でも濡れないように、アイメイト協会での訓練中、透明の屋根をつける工事をしてもらったので、私もトリトンも落ち着いて”ワンツー”ができます。
最初に”ワン”をする時もあれば、いきなり腰を深く落として”ツー”を始めることもあります。
先にも述べたように、腰の角度で大か小の見分けができるので、それに合わせて対処します。
”ツー”の量や堅さを確かめ、お腹の調子がくずれていないかどうかを判断します。
起床後は、ほとんどの場合”ワン””ツー”の両方をしてくれます。
「ワンツー、グッと!」
すっきりしたところで、トリトンの足を拭いてリビングに置かれた敷物の上で待ってもらいます。
この敷物を”ハウス”と呼んでおり、家の中に幾つ”ハウス”があってもかまいません。
ちなみに、私の家ではリビング、寝室、仕事場の3カ所に”ハウス”を設けています。
私はワンツーのあとを水で流し、デッキブラシを用いて綺麗にしてからリビングに戻ります。
熱もない、!ワンツー”の状態も異常なし。
伏せて待っていたトリトンを賞め、その姿勢をといてあげます。
「散歩に行こう!」
と声をかけ、二人で玄関に回ります。
トリトンも嬉しそうに尻尾をバタバタと壁に打ち付けながらついてきます。
あっ、二人と書きましたが、私とトリトンのことです。いつもこのように言っていますので、これから先も同じような言い方で私達を表現させていただきます。
                              つづく
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月07日

トリトンの一日 1

プロフィールに続き、今回は朝、目が覚めてから、夜、寝るまでの私達の一日を順を追ってご紹介させていただきます。
季節によって若干の時間的な変動があり、夏と冬では歩く時間帯も異なってきますし、仕事が休みの日や用事で出かける日などはこの限りではないことを予めご了承いただければと思います。
私は自宅で指圧・マッサージの仕事をしています。廊下を挟んですぐリビングがあるので、トリトンも1カ所に留まることなく、いつも家族の誰かと一緒に室内で快適に過ごしています。
本来ならば、全盲の視覚障害者が犬の所在をいつでも確認できるようにベッドチェーンという細い鎖で繋いでおくのが一般的なアイメイトの過ごし方ですが私の場合は使用していません。つまり、トリトンは自由に室内を動き回ることができるのです。
アイメイトを放しておけば、ゴミ箱の中を研究したり、テーブルの上に置かれた人の食べ物をちょっと毒味してみたりするようなことがないとも限りません。
協会から家に来た当時は私もトリトンをベッドチェーンで繋いでおきましたが、少しずつ自由にしてあげて、いたずらをしないかどうか、家族の者に見てもらいながら様子を伺っていました。
そして現在では、ドアの開け閉めはしないものの、人と同じような生活を送っています。
トリトンは、四つ足で歩く尻尾の生えた毛だらけの非常に寡黙な人間としか思えない家族の大切な一員です。
今は1年で最も過ごしやすい季節で、トリトンとの外出には最高の陽気です。
いや、しかし、この夏は暑かったですねえ。気象庁観測史上はじめての酷暑、トリトンも日中は歩けなかったので、お日様が昇る前の涼しい時間を狙って散歩していました。
夏が終わったと思えば急激な気温の低下、人にとっても犬にとっても体調管理が難しく、季節の移り変わりに着いていくのがやっとという今日この頃ですよね。
皆さんは体調を崩されていませんか?
これからどんどん寒くなっていきますから、風邪をひかないようにご自愛くださいね。
なんか、手紙やメールのようになっちゃいましたね、ごめんなさい。
さあ、明日は何を書こうかな。どんな写真を載せようかな。お楽しみに!
                              つづくtoriton 10.jpgこの写真は昨年の今日と同じ11月7日に撮影されたものです。
軽井沢の協会で行われた三男の結婚式の際に撮された家族の集合写真で、ちょうど三男の誕生日とも重なりました。
左から長男、私とトリトン、三男と1人目の女の子、三男の奥さん、私の奥さん、次男の順です。
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月06日

プロフィール 最終回

toriton 09.jpg犬の場合、産まれてから1年間で、人に例えると約18歳までに成長するということです。
そんな大切な時期を愛情豊かに育ててもらった候補犬は、落ち着いた優しい性格と行動を身につけ、誰からも愛される存在として成長します。
トリトンと暮らしていると、どれだけ大切に可愛がられて育てられたのか、様々な体験をして、そのまん丸い目でしっかり見てきたことは想像に難くありません。
もしも、私に飼育奉仕をやらないかと言われたらどうするだろう?と考えることがあります。
もちろん、約1年間の期間を預かるということは最初に承諾している飼育奉仕の方々ですが、著しい成長過程を見せる我が子のような可愛い存在を手放す時の心情を想像した時、きっと自分にはできないことではないかと思ってしまいます。
改めて私は感じます。
視覚障害者の自立の実現に向けてのアイメイト育成。
そのお手伝いを快く自ら進んで受け入れてくださる方々の恐ろしく尊い気持に私達ユーザーは感謝の気持を決して忘れてはいけないと。
アイメイト協会では、原則として飼育奉仕をしてくださった方の情報は教えないことになっています。以前、使用者と飼育奉仕者との間でトラブルが生じたことがあると聞いています。
アイメイトは視覚障害者の目であり、体の一部ですが、自分だけの犬ではないと私は思っています。
繁殖奉仕、飼育奉仕の方々の話を聞き、その犬に関することをすべて知ることで、その犬に対する愛情は更に深まり、もっと大切にアイメイトと生きていけるのではないかと思います。
これは私の個人的な意見です。決して協会の考え方を批判しているものではないので、その点だけは誤解のないようお願いします。
トリトンは、小さい頃、どんなところで、どんな生活をしてきたんだろう?今の自分達を見てもらい、心から安心してもらいたい!
日常茶飯のように私は願っていました。
そして、ふとした切っ掛けから、運良くトリトンの飼育奉仕をしてくださった方を知ることになりました。
実際にお会いしたことはまだありませんが、きっと、その日が訪れるのも遠い話ではないと信じています。おそらく、トリトンの話題に尽きることはないでしょう。
またまた、この場をお借りし、飼育奉仕をしてくださったご家族の皆さんに心から感謝の意を表したいとおもいます。
本当にありがとうございました!
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月05日

プロフィール 6

今回は、繁殖奉仕の家庭からバトンタッチを受けた飼育奉仕の方々のお仕事を紹介させていただきます。
それを書く前に、予めお断りしておきたいことがあります。
私がトリトンとはじめて対面したのはアイメイト協会です。繁殖奉仕、飼育奉仕、協会での訓練時代などの詳細については、はっきり申し上げてわかりません。
記事中、内容に誤り、説明不足などが多々あるかもしれませんが、現在私が認識している範囲内での投稿とご理解いただければ幸いです。
そうじゃないんだよ、この点が違うんだよなどというところがありましたら、遠慮なくコメント欄に記入していただきますようお願いいたします。
、事実の確認後、訂正文の掲載、ならびに、お詫びを申し上げたいと思います。
繁殖奉仕の家庭で約2ヶ月間を過ごしたアイメイト候補犬はいったん協会に戻ったのち1頭ずつ飼育奉仕の家庭に引き取られていきます。
文字通り、育ての親です。
立派なアイメイトになるため、家庭内での基本的なルールやマナーを教え、家族の一員として約1年間を一緒に生活します。
こまやかな愛情を注がれることで、人が大好き!人と暮らすことが大好き!になり、人への信頼感を深め、人間社会に溶け込んでいきます。
聞いた話ですが、アメリカでは、飼育奉仕時代の犬だということがわかるベストを着せることで、盲導犬同様、電車やバスなどの交通機関、その他の公共施設などを利用することができるそうです。
家庭内では体験できない人込みや騒音に慣れることでなお一層の社会性を身につけることができ、これは、法律でも認められているとか。
我が国では、まだそこまでの体制は整っていませんが、飼育奉仕の方は、できるだけ色々な体験をさせてあげるようです。
電車には乗れませんが、駅周辺の人込みや電車の走行音などの大きな音を体験させること、車が危ないものだと認識させること、花が綺麗だということ、風が気持ちよいということ、人と一緒に歩くことが楽しいということ…
将来アイメイトになってから経験するだろう、様々なことを子犬の時代から成犬になるまで、人間でいえば幼少期から高校を卒業するくらいまで、犬にとっても人にとっても最も重要な期間を大切に育ててくれるのです。
                              つづく
toriton 08.JPG
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月04日

プロフィール 5

toriton 07.jpgさて、話が少し横道にそれますが、アイメイトの名前って結構覚えにくいものが多いと思いませんか?
あっ、失礼!これを読んでくださっている方々は他のアイメイトの名前など知るはずもありませんでしたね。
ごめんなさい。実は他のアイメイトの名前を見ていると、結構変わったものが多いことに気付きます。具体的にここで例を出すことはできませんが、一度や二度では到底私には覚えられない名前がたくさんあります。
なぜ、もっと覚えやすい名前にしないんだろう?と疑問を感じたこともあります。
驚いたことに、これにもちゃんとした理由があったのです。
一般の人が私達が歩いている姿を見かければ、どうしても犬の方に目が向いてしまいがちになります。
アイメイトの名前を覚えている人だったら、思わず
「トリトン!」
などと呼んでしまうかもしれません。
いくら訓練を受けている犬とはいえ、名前を呼ばれればそちらに気が向くのは当然です。気が散ったことで歩行に対する集中心が途切れ、障害物にユーザーをぶつけたり、段差で止まらないなど本来の仕事がおろそかになってしまいます。
きっちり仕事をしていないアイメイトに対してユーザーは叱らなければなりません。安全に歩くためには仕方のないことです。
仕事中のアイメイト、声をかけられなければ叱られずに済んだのに、使用者だって無駄に叱りたくはありません。
でも、犬の名前を覚えていなかったら直接アイメイトに声をかけることもないでしょう。
実は、それが目的なんです。
覚えにくい名前をわざとつけることで、アイメイトの仕事の邪魔を最小限に抑えようという狙いがあるのです。
そんなきめ細やかな配慮を備えた協会の方針に改めて驚かされたものです。
こんな話も聞いたことがあります。
あるユーザーは、犬の名前を聞かれた場合、わざと架空の名前を教えるとか。
これらは、すべて安全な歩行を得るための手段の一つであり、皆さんにおかれましても、その辺をご理解いただければ幸いです。
                              つづく
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月03日

プロフィール 4

toriton 06.jpgアイメイト達は、私達ユーザーの元に来るまで、たくさんの人々に愛情を注がれ大切に育てられます。
産まれてから2ヶ月間ほどを過ごす繁殖奉仕の家庭、それから約1年間を過ごす飼育奉仕の家庭、これはすべてボランティアの方々にお願いしています。
繁殖奉仕の方々は母親犬の妊娠から出産までを見届けてくれます。それが夜中であろうが、何時間もかかる出産だろうが、犬達を見守り手助けをしてくれます。
飼育奉仕の家庭に行くまでの約2ヶ月間、母親とたくさんの子供達に多くの愛情をそそいでくれるのです。
そんな可愛い子供達に名前をつけてくれるのも繁殖奉仕の方の大切なお仕事だと聞いています。
一度の出産で6〜8匹の子犬が産まれるといいますが、産まれた子供達に頭文字を同じアルファベットで統一したり、植物名を用いたり、楽器の名前、島の名前、トリトンのようにギリシャ神話の神様の名前を拝借したり色々と工夫を凝らしているようです。
また、なるべく以前につけた名前を避けて重複しないようにすることも大切ですから、なかなか大変なお仕事だと思います。
でも、自分がつけた名前のアイメイトが活躍していることをお知りになったら、さぞや嬉しいだろうなあとも想像できます。
トリトンの兄弟姉妹は、頭文字を同じアルファベットで揃えたようですから、みんな”T”からはじまる名前ということになりますね。
私が訓練を受けた時にもトリトンと誕生日とイニシャルが同じ女の子がいました。
兄弟なので、やはり、体つきや顔がよく似ているということでした。
おかげさまで、2人と2頭は無事に卒業し、それぞれの場所でそれぞれのグッドな仕事をしております。
トリトンの出産から約2ヶ月間を見守ってくださった繁殖奉仕の方に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
トリトンは立派なアイメイトになりました。
できれば、このブログを見つけて読んでいただきたい、トリトンががんばる姿を見守っていただきたいと節に希望しております。
                              つづく
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月02日

プロフィール 3

toriton 05.jpg今回はトリトンの内面的なものをご紹介させていただきます。
トリトンは、基本的には、元気で活発な男の子です。とってもやんちゃで、どんなことにも興味を示します。
玄関に誰かが訪ねてくると、必ず確認し尻尾を振ってお出迎えをします。
とにかく人が大好き!
犬好きの人かどうかを素早く見極め、愛想を振りまくります。だから、誰からも愛される存在で、犬嫌いの人でもトリトンだけは大丈夫という人がたくさんいます。
トリトンは、淋しがりやのところもあります。
その場で少し長い時間待たせ、彼の元に戻った時の喜びようといったら半端なものではありません。
「どこ行ってたんだよー!淋しかったじゃないかよー!」
と訴えているのが聴こえてきそうな激しいボディーアクションで私を迎えてくれます。
トリトンは、物事に対する順応性に優れたアイメイトです。
はじめは警戒心をもって対応していますが、すぐに理解し適切に対処しています。
トリトンはユーモアも備えています。
私がスキップするように歩けば、彼も一緒に跳ねながらあとを着いてきます。私がふざけていることを瞬時に察知し、それに合わせた行動や態度をとることにはいつも驚かされています。
「遊ぶのか?遊ぶのか?仕方ないなあ、ウホホイッ!」
といった具合に。
”遊ぶ”ことができる動物は頭がいいと聞いたことがありますが、まさに、ぴったりトリトンに当てはまり、これを聞いた時、反射的に私は頷いていました。
トリトンは、優しい心の持ち主です。
それは彼の仕事を見れば一目瞭然です。これから先、ブログ中の随所に彼の優しさを垣間見ることができるでしょう。
遊んでいる時にも彼の優しさを発見することがよくあります。
例えば、トリトンがいる方角とはまったく逆の方向をわざと向いて、彼を探しているように両手をヒラヒラさせます。
「トリトン、どこ?トリトン、どこに行っちゃったの?」
するとトリトンは、すかさず私の前に回り込み
「ここだよ、ここにいるよ!」
と言って、彼の体を私に触らせてくれるのです。
まるで私が見えないことをわかっているかのように。
                              つづく
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々

2010年11月01日

プロフィール 2

toriton 04.jpgさて、次はトリトンの身長、いや、犬の場合体長と体高で数値を表します。
まず、体長、これは、首の付け根部分から尻尾の付け根までの長さで、トリトンは56pです。
体高というのは、地面から背中のてっぺんまでの長さを指し、トリトンは57pです。
ラブラドールを立たせて横から見て、正方形が最も理想的な体型といわれており、ほぼトリトンは理想的、しかも、体高の方が体長よりも長いことから、背の高い格好の良い男の子ということになります。
一般的にラブラドールは骨格がしっかりしていて、手足も太く、顔の幅も広いのですが、トリトンは手足がほっそりしていて長いんです。顔も細く、滅茶苦茶イケメンなんですよ。
目はまん丸で可愛くて、耳の垂れ具合も何ともいえず素晴らしい。
そして特筆すべきは尻尾です。
この尻尾の長さと太さのバランスが絶妙で、嬉しい時の尻尾の振り方は半端ではありません。
夏の暑い時期には扇風機がいらないほど、こちらに涼風を送ってくれますし、空気清浄機がいらないほど室内のよどんだ空気もかき回してくれるほどです。
少し表現がオーバーになってしまいましたが、全盲の私にはトリトンの尻尾の動きから彼の気持を察することが簡単にできるのです。
喜んでいる時の振り方は180度を超える幅で、そのスピードも目に見えないほど速く、逆に怯えている時は尻尾を丸め込み、その存在を隠すかのようです。
犬にとっての尻尾の役割って本当に大きいんですね。
”ワン”や”ツー”をする時は尻尾を真っ直ぐ地面と並行に伸ばして汚れるのを防いでいるようですし、歩いている時は足の動きに合わせてバランスをとるように振っています。
トリトンの容姿に関しては以上となります。
外見だけを見ても同じラブなのに、それぞれに特徴があるんですね。
先日の”爪切り”に登場してくれた友人の相棒○○とトリトンを比べてみても全然違うことがわかりますし、それは、性格にも言えることです。
十人十色という言葉がありますが、まさに十犬十色です。
いや、しかし、犬って本当に可愛いですね。
                              つづく
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々