2010年11月07日

トリトンの一日 1

プロフィールに続き、今回は朝、目が覚めてから、夜、寝るまでの私達の一日を順を追ってご紹介させていただきます。
季節によって若干の時間的な変動があり、夏と冬では歩く時間帯も異なってきますし、仕事が休みの日や用事で出かける日などはこの限りではないことを予めご了承いただければと思います。
私は自宅で指圧・マッサージの仕事をしています。廊下を挟んですぐリビングがあるので、トリトンも1カ所に留まることなく、いつも家族の誰かと一緒に室内で快適に過ごしています。
本来ならば、全盲の視覚障害者が犬の所在をいつでも確認できるようにベッドチェーンという細い鎖で繋いでおくのが一般的なアイメイトの過ごし方ですが私の場合は使用していません。つまり、トリトンは自由に室内を動き回ることができるのです。
アイメイトを放しておけば、ゴミ箱の中を研究したり、テーブルの上に置かれた人の食べ物をちょっと毒味してみたりするようなことがないとも限りません。
協会から家に来た当時は私もトリトンをベッドチェーンで繋いでおきましたが、少しずつ自由にしてあげて、いたずらをしないかどうか、家族の者に見てもらいながら様子を伺っていました。
そして現在では、ドアの開け閉めはしないものの、人と同じような生活を送っています。
トリトンは、四つ足で歩く尻尾の生えた毛だらけの非常に寡黙な人間としか思えない家族の大切な一員です。
今は1年で最も過ごしやすい季節で、トリトンとの外出には最高の陽気です。
いや、しかし、この夏は暑かったですねえ。気象庁観測史上はじめての酷暑、トリトンも日中は歩けなかったので、お日様が昇る前の涼しい時間を狙って散歩していました。
夏が終わったと思えば急激な気温の低下、人にとっても犬にとっても体調管理が難しく、季節の移り変わりに着いていくのがやっとという今日この頃ですよね。
皆さんは体調を崩されていませんか?
これからどんどん寒くなっていきますから、風邪をひかないようにご自愛くださいね。
なんか、手紙やメールのようになっちゃいましたね、ごめんなさい。
さあ、明日は何を書こうかな。どんな写真を載せようかな。お楽しみに!
                              つづくtoriton 10.jpgこの写真は昨年の今日と同じ11月7日に撮影されたものです。
軽井沢の協会で行われた三男の結婚式の際に撮された家族の集合写真で、ちょうど三男の誕生日とも重なりました。
左から長男、私とトリトン、三男と1人目の女の子、三男の奥さん、私の奥さん、次男の順です。
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トリトンとの日々