2011年01月08日

新年会 2011

toriton 85.JPGtoriton 86.JPG
今回は、一昨日参加させてもらった新年会の様子について書かせていただこうと思います。
私が住む町にもたくさんの視覚障害者が生活しています。
その暮らしを少しでも快適、且つ、住みやすいものにしようという目的で視覚障害者達が自ら立ち上げた団体があり、私もトリトンを迎え入れてから加入させてもらっています。
それとは別に仕事上、マッサージの組合にも加入しており、その二つの団体が合同で行なう一年に一度の飲み会が今回参加させてもらった新年会ということになります。
トリトンの友犬、スコーピオのユーザー、Tさんもメンバーの一人なので、その日も一緒の参加です。
そして、カメラマンとして私の奥さんも同行しました。
少し体調が思わしくなかった私、あまりお酒を口にしないように心に決めての出発です。
Tさんの家で待ち合わせ、そこから最寄駅までみんなで歩き、組合のメンバーと合流、その後、今日の会場となる料理屋さんが用意してくださる送迎バスを待つという予定でした。
元日と同じようにトリトンに抜け毛予防のダスターコートを着せて、家の玄関を出た私達でしたが、Tさんの家に向かう途中、私は携帯電話を家に忘れてきてしまったこと、仕事場の電話を留守番にセットし忘れたことを思い出しました。
細かいものを忘れることは意外に少ない私ですが、大きなものを忘れることが結構多いんです。
トリトンと一緒に出かけるのにハーネスを忘れ、家を出て歩き始めるまで気がつかないとか、トリトングッズが詰まったバッグごと忘れちゃうとか、以前は、白杖を持たずに外に出てびっくりしたり、かなり抜けているところがあるドスコイノブなんです。とか言って、ブログの続きを書くのを忘れていました(笑)
toriton 87.JPG
とりあえず、私の奥さんには、Tさん&スコーピオと先に駅に行って待っていてもらうことにして、私とトリトンは家に戻り、忘れ物をとり忘れ事を済ませ再び駅を目指しました。
無事にみんなと合流、その後は予定通り料理屋さんに到着し、宴会の始まりです。
部屋に入る前にはトリトンの足を拭いてあがるのもアイメイトとしてのエチケットの一つです。ウェットティッシュで四つの可愛い肉球を丁寧に拭いてあげました。
今回の部屋も元日同様、畳敷きの和室だったので用意した敷物を部屋の隅にセッティング、トリトンとスコーピオには、その上でダウンして待ってもらうことになりました。そのハウスの傍に私が席をとり、時々彼等の様子をみながらという実に楽しい宴会です。
代表者の新年の挨拶、乾杯、自己紹介に続いて、それぞれ自慢の喉を披露するカラオケタイムのスタートです。
なぜか不思議なことに、みんな歌が滅茶苦茶上手なんです。視覚に障害があると、耳の感覚が鋭くなり、音符に対する反応もそれに比例するのでしょうか?
歌の苦手な私の代わりに私の奥さんに歌ってもらいました。曲目は聖子ちゃんの「赤いスイートピー」です。50を過ぎたおばさんがスイートピーというのも少々気持ち悪いですが、皆さん、お酒が入りわけがわからなくなっているのか、大きな拍手で私の奥さんの歌を賞めてくださいました。
楽しい時間というのは、どうしてこんなに早く流れ去ってしまうのでしょう。
2011年、新年会の終了の時を迎えました。
「あれぇっ!」
ふと気がつけば、私、たくさんお酒を飲んでいるではありませんか。一体どうしたことでしょう?
家を出る前、心に刻んだことをすっかり忘れてしまっていたようです。まったく仕方ありませんね。
でも、言い訳をさせてもらうなら、トリトン、スコーピオを魚に飲む酒のうまいこと!どんな料理もこの二人に叶うものはないとつくづく実感したドスコイノブ、かなり酔っぱらいました。どうもすいません。
「飲むなら乗るな!乗るなら飲むな!」
もしかして、私、アイメイト許可証を取り上げられちゃうかも?十分反省していますので、どうかお許しを!(_ _ )/ハンセイ
toriton 88.JPGtoriton 89.JPG
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トリトンとの日々