2011年03月05日

おはようございます!

「冬の眠りから覚めると季節は冬だった」 by ドスコイノブ
うーん、なかなか素晴らしい。やっぱり、人間、休養は必要だなあと、いきなりわけのわからないことをしみじみ考えているトリトンのパパです。
皆様、お久しぶりです。お元気ですか?
3月だから起きてよとトリトンが言うので目を覚ました私ですが、笑っちゃうくらい寒いじゃありませんか。
「トリトンの嘘つき!」
彼に毒づきながら再び寝ようと試みる私めがけて、トリトンの肉球パンチが飛んできました。
仕方なく布団から這い出し、両手を上に挙げて大きな伸びを数回繰り返し周囲を見渡してみると、想像通り何も見えませんでした(笑)
でも、静かに伸ばした手の先に触れるトリトンの何とも言えない温もりを感じ、やっぱ、これだよなあ!と彼を引き寄せ全身を荒々しく撫でまくりました。
トリトンの初めての下痢下痢騒動から早くも3週間が過ぎ、現在は以前のように元気な“ツー”を披露してくれるまで回復し、とりあえず一安心の日々を過ごしております。
皆様にもご心配をおかけしました。この場をお借りして御礼申し上げます。
さて、少しずつ記事の続きをブログ上に掲載したいと希望しておりますが、以前のような頻度での更新は難しいと予想しております。
それには二つの理由があります。
その一つめが、国語力の急激な低下です。多分、これは、幼少時代からの勉強不足が原因していると思われ、書きたいこと、思っていることを文字に変換する能力に限界を感じ始めています。
『後悔先に立たず』
昔の人は本当にいいことを言ったものです。今度人に生まれ変われたら、生後2ヶ月から国語の勉強を始めようと心に誓いたいと思っています。
そして、二つめの言い訳、次回の記事に掲載させていただきますが、実は私、3月1日から一年生になりました。
「ピカピカ」にはほど遠い私ですが落第しないようにがんばる所存でおります。
もしかすると、お気づきの方もおられるかと思いますが、時間をそちらにある程度費やさなければならず、もちろん、少ない仕事もこなす必要もあり、ブログに傾ける時間が減少してしまうことは想像に難くありません。
大変申し訳ありませんが、わがままなドスコイノブをお許し願えれば幸いです。
季節の変わり目、そして、例年よりも多いと言われている花粉、今まで平気だった人も今年は発症の恐れもあります。
お体ご自愛のほど健康な日々を満喫していただきたいと、ここ埼玉の澄み切った青空の下から皆様に向けてお祈り申し上げます。

posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トリトンとの日々