2011年03月13日

ヨレヨレの一年生 3

toriton 103.JPGtoriton 104.JPG
皆さん、こんにちは!
一昨日、3月11日、午後2時46分に発生し、後に「東北地方太平洋沖地震」と命名された想像を絶するほどの揺れ、ものすごく大きかったですね。皆様のお住まいの地域に被害などありませんでしたか?
私も、このように大きな横揺れを経験するのは生まれてこの方初めてで、食器戸棚を抑えつつ、トリトンをテーブルの下でダウンさせ彼に声をかけ続けながら揺れがおさまるのをひたすら待っていました。
ちなみに、私の暮す埼玉南部の震度は5強、宮城県など震源に近いところでは最大震度7ということ、地震の規模も非常に大きなもので、太平洋沿岸では津波も押し寄せ、甚大な被害も出てしまいました。
今後も時間の経過に伴い被害状況の拡大も予想され、余震、それに伴う津波など、しばらくは厳重な注意が必要と思われますが、第一に身の安全、第二に火の取り扱いなどに気をつけていただきたいと節にお願いします。
ブログ上などでは大変不謹慎と承知しておりますが、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
さて、今回もピアノ教室についての記事の続きになります。
現時点でまだ2回のレッスンしか受けていないので、教わる私、教える先生の双方にとっては手探り状態といったところですが、回を重ねるごとにお互いの間にある薄い壁のようなものも取り払われていくものと感じています。
でも、そう思っているのは私だけなのかも?先生がどのように感じているかは定かではありませんし、厄介な生徒を引き受けてしまったと人生最大の後悔の真ん中にいるかもしれませんね。
けれど、先生は、私のためにテープに録音したものを用意してくれたり、家で練習中、何か困ったことがないかを心配してくれたり、こちらが恐縮するほど親身に接してくれています。
その思いに応えられるよう、少しでも練習し、名ピアニストとして羽ばたけるようがんばらねばと自らに叱咤激励しているのですが、現実にはなかなかうまくいきません。
血統的に音楽センスに恵まれていないのか、始めるのが遅すぎたのか、言い訳じみたことが脳裏から表面に溢れだし、両手の指を金縛り状態にしています。
しかし、逆に一方では、次回までにちゃんとできるようにしなければといった良い意味でのプレッシャーを感じ、その感覚がなんとも言えず心地いいと思う私がいるのも事実です。
ピアノ教室の玄関を入ると、まずトリトンの足をウェットティッシュで清め、絨毯敷きの床に上がらせダウンで待ってもらいます。
私も靴を脱ぎ、1メートルほど離れたところにある下駄箱に丁寧に並べて収めます。
その後、個人レッスン室横に備えられたベンチを探すようトリトンに指示を出します。
「ゴー チェアー」ですね。
無事に彼は椅子を見つけ、その上に顎をのせました。
「チェアー グッド!」
椅子に腰をおろし足もとにトリトンを伏せさせます。
前の人のレッスンが終わるまでしばらくウェイトです。
すると、私達の一連の動作を見ていた女性が声をかけてきました。お子さんのお迎えに見えたお母さんのようです。
盲導犬が仕事をしているところを実際に見るのは初めてのようで、トリトンの無駄のない動きや、呼吸の合った私とトリトンの様子に大変感心されていました。
こんなちょっとしたところからもアイメイトや盲導犬に対する正しい知識を送り出せること、それは、二人で力を合わせてもっと色々な経験を重ねるごとに、そのような人々を一人でも多く増やすことに繋がっていくに違いないと、改めて強く実感しました。
例え、ピアノが上手にならなかったとしても、チャレンジすること自体に大きな意味があること、そこから更に世界が広がっていく様子をこれから先もずっとトリトンと共に見つめ続けていきたいと願うドスコイノブです。
最後になりますが、今回、私達を快く受け入れてくださった音楽教室のスタッフの皆様方に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!
「S先生、一生懸命がんばりますので、あまりパパに厳しくしないでね」 by トリトン♪♪
posted by ドスコイノブ at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | トリトンとの日々