2010年10月18日

泣けるお話し

こんにちは。
2回目の投稿になります。はっきり言って何をどう書き出せばよいのか見当がつかずにキーボードに向かっています。
毎朝日課として決まった掲示板を閲覧することにしています。
視覚がない私がどのようにパソコンを操作し、画面に流れる文字を認識することができるのか、不思議に思う方のために少しだけ説明させてもらいます。
使用しているパソコンは一般に市販されているもの、スクリーンリーダーと呼ばれる専用の音声ソフトをインストールすることで、ある程度の文字情報は読み上げてくれます。
キーボードへの打ち込みはホームポジションに指を置いてそれぞれのキーをまさしくブラインドタイプするわけです。
メール、文書作成、ネットの閲覧、ネットショッピングなど、ほとんどのことをパソコンから楽しむことができます。
視覚障害者にとって最も困難とされる情報の取得が容易に行えるようになったこの時代にいることができて私は幸せ者なのかもしれません。
前置きがかなり長くなりました。
今日は、そんな掲示板の1つの中から皆さんに読んでいただきたい記事を発見しましたので紹介させていただきます。
犬をペットとして飼っている方も多いと思います。しかも、この記事は私の相棒トリトンと同じラブラドールのお話し。これを読んで正直泣きました。
人と犬の深い絆のようなものを改めて実感させられた本日の私です。
それでは、ごゆっくりどうぞ!
http://vacationland.dtiblog.com/blog-entry-88.html
posted by ドスコイノブ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41382244

この記事へのトラックバック