2011年04月13日


皆さん、こんにちは。
本日4月13日は私にとって忘れることのできない1日です。
もちろん、自らの誕生日でも結婚記念日でもございません。さあ、皆さん、この日はなんの日だと思いますか?
「そんなもん知らねえよ」
「とっとと教えろよ」
ですよねえ。
実は、3年前の今日、トリトンと運命的な出会いを果たした記念日であり、忘れることのできない、そして、あらためて初心に戻れる大切な日なんです。
場所は、もちろんアイメイト協会、本日と同じようによく晴れた日曜日の午前中でした。
前日の土曜日から協会での訓練に入っていた私ですが、パートナーとなるアイメイト候補犬との対面はまだおあずけでした。
その日は、居室や協会内の説明を受けたり、犬に関する基礎や接し方などを学んだり、犬に装着するハーネスを担当の歩行指導員が持ち、それから伸びるハンドル部分を私が握って路上を歩く練習をしたりと、翌日からの歩行始動を受けるための準備段階に費やされました。
そして、そしてです、待ちこがれていたその日がついに訪れたのです。、毎晩のように夢にまで見ていたパートナーとの運命の対面の瞬間です。
“犬渡し式”と言いますが、別名は“結婚式”と呼んでいるほど、大きな期待と少しの不安が入り交じるおごそかな儀式です。
アイメイト協会3階の会議室、中央に訓練生が、その前方には向かい合う形で理事長、協会スタッフが座っています。
理事長より訓練を始めるに当たっての注意や激励のお言葉をいただいた後、それに続いてパートナーの名前やその由来、性別、毛色、誕生日、体重の発表が行なわれました。
部屋の外では担当指導員とアイメイト候補犬のトリトンが静かに待機しています。
前夜のミーティングで教えられていた通り、私はそちらの方向に顔を向けて優しく声を発しました。
「トリトン カム」
後方から担当指導員とトリトンの足音が、そして、それに合わせるようにチェーンカラー(金属製の首輪)とリード(引き綱)の金具がぶつかる軽快な音が少しずつ近づいてきます。
そして、それは、確かに私の前で停止しました。
予め手にしていた新品のリードをトリトンのチェーンカラーに装着し、続いて、指導員が装着していたリードをチェーンカラーから静かに外します。
トリトンを日々訓練し、ここまで立派な犬へと成長させてくれたお礼の気持ち、同時に、今日からは自分が責任をもって見守りますという気持ちを込めた目には見えないたくさんの心が通い合う誠に静かな静かな儀式であり、トリトンの主人が今までの指導員から私へとバトンが渡された瞬間です。
『あれっ?なんかおかしいなあ』
私の他にも2名の訓練生がおり、それぞれがそれぞれのパートナーに」これからよろしくね!」の言葉をかけていましたが、犬達はとてもおとなしくしています。
それに比べて、トリトンだけが1人でハアハア言いながら大きく尻尾を振って私の足もとに前足を駆使しながら突っ込んできたりと遊びモード全開です。
今では当たり前、これでなきゃトリトンじゃないよと感じるそんな仕草も、初対面の私にとっては、かなり戸惑う状況でした。
使用者の性格や体格、歩き方などを判断し、それに適した犬をマッチングさせると聞いていましたから、本当にこの犬が俺と相性がいいのだろうか?という気持ちも脳裏を過ぎったものです。
でも、おれにはこの犬しかいないと思えるようになるまでにさほどの時間は必要在りませんでした。
それを見越して人と犬のマッチングを決定する歩行指導員の優れた技能にも驚かされたものです。
“結婚式”を終えた私とトリトンは居室に戻り、「これからよろしく頼むぞ」「任せとけよ」のようなお互いの気持ちを通わせる意味で二人きりでしばらくの時間を過ごします。
これを“ハネムーン”と私達は呼んでいます。
このようにして、3年前の今日、私達は出会い、たくさんの日々を過ごし、共に成長し、現在ではかけがいのない存在として日常生活の中に溶け込んでいます。
縦と横の糸が出会った3年前の4月13日、来年も、そして、その来年も互いに元気で一緒に懐かしくその日を思い出せればと願うドスコイノブです。
posted by ドスコイノブ at 15:39| Comment(6) | TrackBack(0) | トリトンとの日々
この記事へのコメント
ドスコイノブさんお久しぶりです。
ブログの再開を心待ちにしておりました。

地震から始まり子供の事やらでバタバタしていた私ですが、ドスコイノブさんも大変だったのですね。
トリトンとりあえず重篤な病気などではなく安心しました。
ドスコイノブさんのせいではないですよ・・・
ご自分をあまり責めないで下さいね。

4月13日にトリトンと出会われたのですか。
大切な記念日ですね。
「結婚式」の様子も思わず笑みがこぼれてしまいます。
宿命のパートナーと出会えてトリトンもさぞ
嬉しくてハアハアしたのでしょう!
中国故事で運命の赤い糸を結ぶ月下老人の話がありますが、アイメイトの指導員はまさにそれですね。
この後の1か月にわたる訓練のお話も楽しみです。

Posted by おさお at 2011年04月14日 20:50
おさおさん、こんばんは!ご無沙汰して申し訳ありませんでした。お元気ですか?
地震に引き続き、トリトンのしっぽっぽ事件、自らの花粉症、それに輪をかけるように大風邪、仕事はない、金はない、ピアノは上達しないなど、ずいぶんと沈み込んでおりました。
ブログの再開を待っていてくれたなんて嬉しいお言葉をいただき感無量です。
話題に乏しい私ですが、そうですね、おさおさんのおっしゃるようなアイメイト協会での訓練を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。
とりあえず、訓練中は習ったことを忘れないように毎日日記のようなものは書いていました。原文は人様に見せられるようなものではないので、それを参考にしながらブログ上に掲載できればいいなあと考えています。
ダルクさんも元気にしているようですね。春の珍味、桜の花びらも味わったとか、あまり食べ過ぎないように伝えていただければ幸いです。
では、これから仕事場の掃除をさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。
Posted by ドスコイノブ at 2011年04月14日 21:35
こんにちは。
4月13日にトリトンと初対面だったのですね。
トリトンの名前の由来は私も聞いたことがないように気がします。どんな由来なんですか?
実は我が家の3番目の女の子のミドルネームがアリエルなんです。彼女が2歳の時にトリトンが我が家にきてビックリしたのです。だってリトルマーメイドの中で、アリエルのお父さんはトリトン王なんですよね。
不思議なご縁です。

トリトンが嬉しくてハアハアしてる姿が目に浮かびます。素敵な記念日ですね。
Posted by ブルックス at 2011年04月15日 09:35
ブルックスさん、こんにちは!コメントありがとうございました。お元気ですか?
今まで様々なアイメイトや盲導犬にお会いしましたが、トリトンのように仕事中と遊んでいる際のギャップの差が激しい方にお目にかかったことは皆無です。
ハフハフ、ハアハアしながらちぎれるほど尻尾を振って楽しそうに遊ぶトリトンが本当に愛おしい、そして、そんな彼と毎日一緒に過ごせる私は誠に幸せ者です。
トリトンの名前の由来はギリシャ神話に出てくる海の神様からとったと聞いていますまた、海王星の衛星の中で最も大きいものをトリトンというそうです。
。初めて名前を教えてもらった時、私の頭の中にすぐに浮かんだのが回転寿司の“とりとん”でした(笑)
まあ、どちらにしても、トリトンは名前もすごいということになりますね。
三番目の娘さんのミドルネームがアリエル、滅茶苦茶かっちょいいですね。2歳の時にトリトンがお宅に来たのですね。トリトンは、ちゃんとお父さんになってくれていましたか?
でも、いつも思うことですが、トリトンは誰にでも優しい、中でも、幼い子供に対する接し方は人間が見習うところ大です。
そのような優しい性格を身につけた背景にはブルックスさんご一家のトリトンに対する深い愛情によるものということが容易に想像できます。
今はトリトンにとっての換毛期、毎朝すごい量の毛にまみれながら楽しくブラシをかけています。
Posted by ドスコイノブ at 2011年04月15日 11:48
トリトンが来たときはまだ小さくて赤ちゃんだったのに、すぐに娘のお兄さんになったかなぁ。
娘はトリトンの大好きなおもちゃってところだったでしょうか。いつもちょっかいをだしてました。
強烈な尻尾のアタックにあい
「トリトン痛い。トリトン痛い。」
とつぶやいてました。
まだ2歳だったので、ちょうど尻尾がおなかにぶんぶん当たるんですよね。
でも心配ご無用、今でも娘は犬大好き星人ですよ。
いま換毛期ですね。楽しくブラシをかけてもらえるなんて、トリトン幸せ者だなぁ。
Posted by ブルックス at 2011年04月19日 09:51
ブルックスさん、こんにちは!昨夜は強い雨が降っていましたね。わが家は古い建物なので雨の音がうるさくて熟睡できず少し目覚めがよくありませんでした。
しかし、ブルックスさんからのコメントをいただけたことで、不機嫌はどこかに飛んでいきました。感謝しております。
やっぱりトリトンは、そんな幼い時から尻尾攻撃をしていたのですね。トリトンに代って娘さんにお詫びいたします。
もうすぐ2歳になる孫娘もトリトンの尻尾で倒されたりしていましたね。コタツの上に物をおいていると、片っ端から尻尾で吹っ飛ばすトリトンはかっちょいいです。これぞ、男の子と尊敬しちゃいます。
トリトンの抜けた毛を捨てないで貯めておいたら布団ができるかもしれません。毎日今日はどれくらい抜けるかなと楽しんでブラシさせてもらっています。
またお暇な時間がありましたらコメントくださいませ。お待ちしています。
Posted by ドスコイノブ at 2011年04月19日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44271930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック