2011年04月15日

♪裸のピアノ♪

toriton 110.JPGtoriton 111.JPGtoriton 112.JPG
皆さん、こんにちは!Good afternoon.
It's fine today.今日は、ごっつ、ええ天気でおまんなあ。
How old are you?52歳でちゅ。
今日のドスコイ英会話教室はこれでおしまい!
「いきなりどうしちゃったんだろう?」
はいはい、春なので少し変な私です。
いや、今日は春を通り越してサマーですよねえ。
急激な気温の変化、特に上昇はトリトンにとってもちょっと辛そうです。
散歩していても、
「パパ、今日は、ちと暑くないかい?ハアハア!」と私に語りかけてきます。
「もうちょっとでおうちだからがんばって、ファイト!」
と会話を交わしながら川沿いのしずかな道を歩いています。
私には見えませんが、多分、桜もかなり散ってしまっているかもしれませんね。
さて、今回は先日の休みを利用して行なったピアノの調律について少しだけ書かせていただきます。
もちろん、調律をしたのは私ではありません。以前の記事
♪私はピアノ♪ 3
でご紹介させていただいた
中嶋ピアノサービス
の中嶋さんに依頼したものです。
昨年の6月に初めてお世話になってから約10ヶ月、今回が4回目の調律になります。
なにしろ購入してから30年以上も経過しているにも関わらず、一度として調律をしていない、しかも、その間に3回もピアノを移動しているわけですから、ピアノが良い状態に安定するまでにはそれなりに手を加えてあげなければなりません。
そりゃそうですよねえ、それだけの永い期間、ずーっと放っておかれたのですから、すぐに機嫌をなおしてくれるはずがありませんよね。
でも、中嶋さんが一生懸命わが家のピアノに接してくれたおかげで、大分ご機嫌を取り戻してくれたようです。
「かなり安定してきましたよ」
という嬉しいお言葉を頂戴し、やっとのことわが家のピアノも完全復活を遂げたことになります。
今後は半年〜1年に一度程度の調律で今の状態を保っていけるとのこと、私が元気でいる間は任せとけってな感じでございます。
調律の際には私も同席させていただいているのですが、なんか不思議なことに、調律の作業を聴いているうちにいつも眠〜くなってきちゃうんですよ。
結構大きな音が出ているにも関わらず、どうしてなんだろう?とその謎の解明に向けて私は考えを巡らせてみました。
多分、熟練された規則正しいリズムによる作業が心地よい眠りを誘うのではないかと、自分なりに答えを導き出したのです。
考えてみれば、私の仕事であるマッサージも一定のリズムを保ちながら行なっており、施術中、いびきをかいて気持ちよさそうに眠るお客さんもたくさんいます。
中嶋さんに聞いてみました。
「調律をしている間、眠くなりませんか?」
それに対して
「集中しているので眠くはなりませんね」
さっすが〜、これぞプロの回答です。
それに引き替え私などはどうしようもないマッサージ師なんですよ。
自分の規則正しいリズムによる施術で、私自身が眠くなっちゃって、今、自分がどこにいて何をしているのかわからなくなることも…(笑)
笑ってる場合じゃないですよね。
「ちゃんと仕事しろっ!」
「ふぁ〜〜い」
「おいおい、ブログ書きながら寝てんじゃないよ!」
まあ、そんなわけで、無事に調律も終了、ピアノの板を取り付ける前に記念写真を撮らせていただきました。
そうそう、中嶋さんのブログ
ピアノのハナシ -ピアノ調律師の日記-
の4月13日の記事で私達のことを掲載してくださいましたので、そちらもご覧いただければ幸いです。
こちらのブログとはちょっと違う写真も載ってますよ。
と言ったところで、本日はこの辺で失礼します。
posted by ドスコイノブ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | トリトンとの日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44321230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック